感染症の見方

何を調べる検査?

血液中に含まれる感染症の抗原、抗体、マーカー等を調べます。

検査値の見方

正常範囲

陰性(-)

HBs抗原

現在HBV(B型肝炎ウイルス)に感染していることを示します。

HBs抗体

HBV(B型肝炎ウイルス)に感染したことがあることを示します。

HCV抗体

HCV(C型肝炎ウイルス)に感染しているかを調べます。

TPHA

梅毒感染約4週以後に陽性となり、治癒しても生涯陽性が続きます。

RPR

梅毒感染だけでなく、SLE、関節リウマチ等の膠原病、EBウイルス、マイコプラズマ感染などでも陽性になります(生物学的擬陽性)。

ヘリコバクターピロリ抗体

ヘリコバクターピロリ(以下HP)感染により胃炎がおこり、そこを母体として消化性潰瘍が発生します。HP抗体が陽性であることは、HP感染が成立していることを示しています。HP除菌の必要性については専門医療機関でご相談することをお勧めします。

感染症

ページの先頭へ戻る

 

公益財団法人藤沢市保健医療財団 藤沢市保健医療センター
〒251-0861 藤沢市大庭5527番地の1
TEL:0466-88-7300 FAX:0466-88-7353

お車でお越しの方は、駐車場がございます。 交通のご案内