HOME > 健診・検査外来 > 検査結果の見方 > 血液一般の見方

血液一般の見方

何を調べる検査?

血液中に含まれる白血球、赤血球、血小板を調べます。

検査値の見方

正常範囲

白血球 3,900~9,800 /μl
3,500~9,100 /μl
赤血球 427~570 万/μl
376~500 万/μl
血小板 13.0~36.9 万/μl

白血球

細菌感染症、悪性腫瘍、白血病などで増加します。また、食後や興奮時、運動直後、喫煙者では増加することがあります。減少している場合は、血液疾患、膠原病、脾腫、ウイルス感染症、薬剤服用などが疑われます。

赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット

これらの減少を貧血、増加を増多症(多血症)といいます。

血小板

明らかに増加していれば血液疾患が疑われますが、60万/μl以下までの増加なら二次的な原因(鉄欠乏性貧血、感染症など)が疑われます。

血液一般

ページの先頭へ戻る

 

公益財団法人藤沢市保健医療財団 藤沢市保健医療センター
〒251-0861 藤沢市大庭5527番地の1
TEL:0466-88-7300 FAX:0466-88-7353

お車でお越しの方は、駐車場がございます。 交通のご案内