内視鏡検査

内視鏡検査とは

消化管内視鏡検査とは柔らかい管の先端に超小型テレビカメラ(CCD)を付けた電子内視鏡で消化管の内部を直接観察する検査です。
当センターでは上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行っております。この2つの検査で消化管の重要な部位はほぼ網羅できます。スコープは最新の超小型スーパーCCDハニカムを搭載し、より鮮明な高画質画像です。また、分光画像処理機能を搭載し、病変の観察性能を高めました。

尚、当センターでは服薬治療・内視鏡治療は行っておりませんので、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん等の治療が必要な病気が発見された場合には、検査依頼医療機関で治療をお願いしております。主治医がいない場合は、受診者様のご希望の医療機関へ紹介させていただきます。

(株)OLYMPUS EVIS LUCERAシステムを2台設置

(株)FUJIFILM Advanciaシステムを2台設置

検査のご案内は以下のリンク先でご確認下さい。

上部消化管内視鏡検査

下部消化管内視鏡検査

感染対策

内視鏡は直接体内に入れるものです。そのため感染対策が重要になります。
近年、肝炎ウイルス、ヘリコバクターピロリ菌などの感染に対しては十分な対策が必要です。

当センターでは、内視鏡洗浄装置を2台(胃内視鏡用、大腸内視鏡用)設置し、日本消化器内視鏡学会の「消化器内視鏡機器洗浄・消毒法ガイドライン」に基づいて、検査毎に高水準な洗浄消毒を行っています。

(株)ジョンソン・エンド・ジョンソン エンドクレンズ-D

(株)ジョンソン・エンド・ジョンソン エンドクレンズ-D

ページの先頭へ戻る

 

公益財団法人藤沢市保健医療財団 藤沢市保健医療センター
〒251-0861 藤沢市大庭5527番地の1
TEL:0466-88-7300 FAX:0466-88-7353

お車でお越しの方は、駐車場がございます。 交通のご案内