HOME > 健診・検査外来 > 検査結果の見方 > 子宮頸がん検査の見方

子宮頸がん検査の見方

何を調べる検査?

診察(内診)と経膣超音波断層法(エコー)により、外陰・膣の炎症、腫瘤、頚管ポリープ、子宮・卵巣の腫瘤、子宮内膜の肥厚についても調べます。
細胞診は子宮頚部から細胞を採取して子宮頚がんを調べる検査です。

検査値の見方

細胞診のclass分類(日本臨床細胞学会編)

クラスⅠ 正常
クラスⅡ 異常細胞を認めるが良性
クラスⅢa 悪性を少し疑う、軽度・中等度異形性を想定
(このクラスから5%程度に癌が検出される)
クラスⅢb 悪性をかなり疑う、高度異形性を想定
(このクラスから50%程度に癌が検出される)
クラスⅣ きわめて強く悪性を疑う、上皮内癌を想定する
クラスⅤ 悪性、浸潤癌(微小浸潤癌を含む)を想定する

ページの先頭へ戻る

 

公益財団法人藤沢市保健医療財団 藤沢市保健医療センター
〒251-0861 藤沢市大庭5527番地の1
TEL:0466-88-7300 FAX:0466-88-7353

お車でお越しの方は、駐車場がございます。 交通のご案内